【2018/3/4図解】Googleアドセンス審査用コードを貼る場所【WordPress】

ブログ運営

ブログを始めたあなた。ようこそ。

そしてGoogleAdsenseの設定に困ったあなた。ようこそ。

<head>と</head>の間ってどこやねんと思っているあなた。

とかちくん
同士よ、いらっしゃい

この記事ではGoogleAdsense申請後に必要な作業についてまとめていきます。

尚、審査合格のために私が取り組んだことはこちらにまとめました。




GoogleAdsense申請方法

申請方法の詳細は割愛します。

GoogleAdsenseにアクセスして必要項目を入力していきます。

申請フォームは定期的に修正されているようです。

 

申請方法マニュアルのサイトを見ながら進めようとしたら、フォームが変わっていて結局よく読みながら進めなければなりませんでした。

誤入力は特に注意

メールが届かない、申請したけどいつまでも合格しないなどの要因となります。

Adsense申請後メールが届く

Adsenseの申請を終えると、数日以内に以下のようなメールが届きます。

GoogleAdsenseの申請を終えると、メールで審査用のコードが発行されます。

この審査コードは、Adsense審査員に私のブログはここですよーと知らせるGPS的な役割があります。

 

クリックされたら報酬が入るアレではありません!
まだその段階に行ってません・・・ googleにこのブログに設置しますというお知らせをするコードです。

 

それをブログの<head>と</head>の間に設置するよう求められます。

 

ここで「?」ってなるんですよね。

メールにコードらしきもの(<script async src~で始まるやつ)は記載されているので、これを貼り付けるんだろうなっていうのはわかる。

どこに貼り付けるかがわからない・・・

広告設置場所の解説記事によく出てくる、ウィジェットで追加するとか、見出しの下とかは違います。

アドセンス合格した人の、広告を設置する最適な場所の話ですからー!残念!(ギター侍)

 

私も最初は広告コードを貼り付ける場所に審査コードを貼りました。

結果グーグルから「審査用コード送っただろうが、早く貼れよks」とメールが来てしまいました。




「審査用のコード」を貼る場所

ようやく本題です。

※こちらはSimplicity2を利用している時の物です。
テーマによっては編集場所が異なる場合があります
有料テーマ「Swallow」の場合は、外観→テーマ→(テーマアイコン右下の)カスタマイズ→アクセス解析コード・headと移動すると解析コードや今回のような審査コードを入力する枠があります。そちらへ入力です。

審査用コードを貼る場所について順番に行きます。

①ダッシュボードの「外観」をクリック→「テーマの編集」をクリック

②右のほうにあるテーマファイル一覧から「テーマヘッダー」をクリック

 

③画面中央のスペースにコードが表示されます。2~3行目あたりに<head>があるはず

 

④<head>の直後にアドセンスのコードをそのままコピペ

 

⑤画面下の方の「保存」を押して完了!

設定は以上です。ブログの見た目は変わりません。

あとはひたすら審査結果を待つのみ。

早い人は1日かからず結果が来るそうです。逆に2~3か月たっても音沙汰がない人もいるらしいです。

審査合格についてはこちらの記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

【2018年3月Google AdSense合格】アドセンス審査の基準まとめ