勉強時間を確保したい社会人は、「朝勉強」がオススメです。

社会人の勉強

こんにちは、トカチです。

 

社会人になって早いもので10年が経過しました。

仕事を通じていろいろなことを学んできた10年間でしたが、ここ数年は仕事以外の勉強にも時間を割くようにしています。

 

そんな僕ですが、いつ勉強するかを決めるのには苦労しました。

朝は眠くて起きるのが辛いし、夜は夜で疲れてるしテレビやパソコンの誘惑が多すぎてやばい。

 

いろいろと試した末に、「朝勉強がベスト」と結論が出て、今では朝の1時間を勉強に充てています。

 

今回は「いつ勉強するか」を試行錯誤したお話です。




勉強時間は「朝」確保すべし!

結論から言うと、勉強時間は「朝」がベストです。

勉強時間を1時間とるとして、まとまった時間をとれるタイミングは

  • 朝1時間早く起きる
  • 仕事が終わってから帰宅前にカフェなどに寄る
  • 寝る前にやる

こんな感じかと思います。

どれも試してみましたが、

朝1時間早く起きてやる

が、一番安定して時間を確保できます。

 

仕事終わりのカフェ勉強は、最初は新鮮で楽しいのです。

ただ、毎日のカフェ通いはお財布に優しくありませんでした(笑)

 

帰宅してから寝るまでの間の時間帯は、誘惑が多すぎてダメです。

仕事の疲れも相まって、「昨日やったことを覚えてない」現象が多発。

効率も悪く断念しました。

朝勉強をオススメする理由

朝がいい理由は3つです。

  • 習慣化しやすい
  • 誘惑が少ない
  • 邪魔が入らない

朝勉強は早起きさえできれば習慣化できます。

また朝はバラエティ番組はないですし、SNSも静かなので誘惑が非常に少ないのも◎。

急な飲み会やお誘いといった、突然の予定変更もないですよね。

 

勉強をするモチベーションがあると、今週はここまで、今月はここまで、いつまでに終わらせるなどの計画建てをしますよね。

しかし夜の勉強時間はどうしても予定を狂わされがち。

だんだんと計画がズレていくと、並行してモチベーションも下がり、勉強そのものをやらなくなってしまう・・・

こんなことを繰り返してしまった人も多いのではないでしょうか。

 

朝勉強は、「勉強しか予定がない」点で計画が崩されることがありません。

あとは朝勉強の習慣をつくるだけです。

朝勉強になれるための3つのステップ

朝勉強を習慣化させるコツは早起きに慣れることだけ!

朝勉強に欠かせない「早起き」。

しかし早起きの習慣化は非常に難しいですよね。

 

僕自身、朝勉強をやってみようと思い立ってから習慣化するまでには2週間ほどかかりました。

無理やり起きた日は仕事中も眠くなるなど、支障が出る日もあり挫折しかけました。

 

休日などを利用して、すこしずつ身体を慣れさせていき、今では難なく起きられるようになっています。

 

せっかくですので僕が「早起きを習慣化させた3ステップ」を紹介したいと思います。

早起きを習慣化させるステップ1 早く寝る習慣をつける

僕が最初にやったのは、寝る時間を1時間早めることです。

 

イベントなどで早起きが必要な時、いつもより早く寝たことはありますか?

なかなか寝付けず、結局いつも通りの時間に寝て、睡眠時間を確保できていない状況に・・・なんて経験をしたことないでしょうか。

 

なのでまずは、「早く寝付く習慣をつける」ことからスタートしたらいいです。

僕の場合、

23時に布団に入り朝6時に起きる生活から

22時に布団に入り朝5時に起きる生活へズラしました。

 

まずは1時間早く寝るべし!

早起きを習慣化させるステップ2 早起きだけする

次にやることは目覚ましを早くセットして「起きる」!だけ

早く寝ることで「起きやすさ」が増しています。

ここでは「まだ寝れる」誘惑に勝つ練習って感じです。

 

勉強はしてもしなくてもいいです。

とりあえず「朝の1時間を過ごす」習慣をつけましょう。

 

個人的なオススメは、目覚めの作業でコーヒーをいれてましたね。

勉強しつつ飲む用も兼ねてます。

 

早く寝れるようになったら、早く起きる習慣をつけるべし!

早起きを習慣化させるステップ3 朝勉強の始まり

身体が早起きに慣れてくれば、勉強を取り入れよう!

実はこのステップが簡単そうで難しい。

 

勉強といえば本を読むことが中心になると思いますが、

眠気が再び襲ってくる危険性が非常に高い!

 

できるだけ1時間取り組める内容にした方がいいですね。

 

あとは「無勉強デー」を挟むなどして、たまにサボる日を入れるのもアリです。

僕は仕事が休みの日は早起きしません。

休みたいもの!

朝勉強が仕事にも好影響を与えた実感がある

朝勉強が効果的!ということではないんですけれど、

勉強の習慣がつくことは超偉大です。

 

本を読む時間を取れるようになったので、情報の蓄積量が増えるせいですね。

 

年金や投資など、自分をとりまくお金の知識は生活の知恵として大事です。

文章術の本などを読むと、ビジネス文書からお手紙など幅広く活躍します。

 

読む本のジャンルを固定せずに、アマゾンのベストセラー系を読み漁ると、いろいろな知識がついて面白いですよ!

オススメの自分高める系の本

ここでオススメの朝勉強用本を紹介します。

興味あるジャンルは人それぞれなので、「意識高い系」のオススメを紹介しますね!

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

人が持つ悩みや苦悩は、全て人間関係に起因していると提唱しているアドラーの心理学を紹介する本です。

「承認欲求を捨てて自由になれ!」という内容の章は読みごたえありまくりで、SNS疲れの今の時代にはピッタリだと思います。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

ちょっと胡散臭いタイトルですが面白いですよ(笑)

履歴書なんかを書いていると、「あなたの長所・短所」を書く欄がありますよね。

自分の強みってなんだろう・・・と手が止まってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

ストレングスファインダーは、130以上の質問に答えることでその答えが導きだされます。

その答えも「あなたは○○な人です!」のような簡単なものではありません。

実に34個ものカテゴリからあなたの特徴を分析します。

 

面白そうでしょ。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

こちらは実用書ですね。

ビジネスマンの大事なスキルの1つ「表現力」。

 

長けりゃ長いほどいいってものでもないですし、内容が浅すぎてもダメ。

そんな難しいところを「どのように考え」「どのように話す」かを解説しています。

まずは15分早く起きる生活から

今回は朝勉強について紹介しました。

情報化社会により、「自分で情報を仕入れる必要性」が減りました。

半面、情報の偏り、分析力の低下など「与えられるだけ」の悪影響も懸念されています。

 

書籍や映画など、一定量のまとまった情報はそれを解決できるアイテムです。

1日1時間、そういった情報の収集にあてるだけで、1月で30時間、1年で360時間を費やすことができます。

 

朝の1時間が無理でも15分、30分だけでも構いません。

少しずつ自分の時間を作ってみましょう。