北海道胆振東部地震で思い知らされた災害への備えの大切さと意識の低さ

2018年9月6日午前3時8分、北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7を観測する地震が発生しました。

震源に近い厚真町では震度7を観測し、僕が住んでいる札幌市でも東区で震度6を観測するなど、広い地域で強い揺れを観測しました。

 

厚真町では大規模な土砂崩れにより多数の方が犠牲となり、また札幌市清田区では地盤が緩み家屋が傾く被害にみまわれました。

さらにライフラインが寸断され、北海道民全員の生活を一変させることとなりました。

特に問題になったのが北海道全域にわたる停電でした。

今回の地震で、停電が北海道全域にわたった原因とはなんだったのでしょう。

僕が経験したこと・これからやらなきゃいけない事、今も復旧作業が続く状態ではありますが今の時点で思うことを書いておこうと思います。




停電が全域にわたった理由

北海道には大きな火力発電所が5つあります。

その中の1つである苫東厚真発電所は、全道の電力の半分近くを賄う大規模な発電所でした。

 

しかしその苫東厚真発電所が、地震の影響で緊急停止し発電量の半分を失ってしまいました。

 

残りの発電所がフル稼働して苫東厚真発電所の分を賄うことができれば、停電は発生しなかったかもしれません。

しかし現実は、残りの発電所にかかる負担が急激に上昇、残り4つの発電所が次々に緊急停止してしまうという結果になりました。

復旧までに時間がかかった理由

時間がかかった最大の原因は、まず発電所を復旧させる必要があったためです。

水力発電所から火力発電所に電力を送り、それをもとに火力発電所を1つずつ復旧させ、再び負荷がかかって停止しないよう慎重に送電範囲を広げていく・・・

280万を超える暗闇で待つ世帯の「早くしてほしい」というプレッシャーと、決して停止させてはならないプレッシャーに挟まれながらほくでんの作業は行われました。

ほとんどの世帯に電気が供給されるようになったのは、地震発生から2日半たった8日の夜でした。

しかし電力が復旧してからも節電を求めるなど、ギリギリの状態での復旧となっており、復旧作業がいかに難しかったかを物語っていると思います。

 

本来発電所1つが停止しても、他で賄える程度の割り振りになっていることが理想でしたが、北海道の電力供給は苫東厚真発電所の割合が非常に高く、今回のような事態に陥ってしまう事となりました。

皆無だった災害対策

 

過去30年をさかのぼると日本各地で数多くの地震が発生してきました。

過去の地震
  • 1993年の北海道南西沖地震
  • 1995年の阪神大震災
  • 2003年の十勝沖地震
  • 2011年の東日本大震災
  • 2016年の熊本地震

 

そのたびに防災、減災、日々の備えについて報道され、意識を高く持とうと心に決め、そして忘れていく・・・そんな繰り返しでした。

 

北海道は日本の中では比較的災害の少ない土地です。

台風はほとんど来ないですし、ここ20年以上強い揺れを体感することはほとんどありませんでした。

 

「北海道は安全だ」

 

そんな余裕がありました。

僕の家には懐中電灯も、電池式の携帯の充電器も、停電になったとき用のカセットコンロといった熱源も(うちはオール電化)用意していませんでした。断水したときのための飲み水もなく、日持ちのする非常食もない。

地震が発生した直後に何となく風呂に水をためたけど、それをトイレに移動するためのバケツもありませんでした。

緩み切った想定

たとえ停電が発生しても、半日もたてば復旧するだろう。

断水なんて起こったことないし。

食品は近くのコンビニスーパーにたくさんある。

 

2018年9月6日からおよそ3日間で、僕は厳しい現実を思い知りました。

厳しかった現実①
停電が発生して40時間で復旧。携帯の充電は切れ夜の明かりは自転車用の外付けライトのみ。トイレは口でライトを加えて狙いを定める。
厳しかった現実②
水が出たのは救いでした。止まってたら今頃どうなっていたか・・・ 札幌市内で断水した地域もあり、住む場所によっては巻き込まれていた可能性は十分にありました。
厳しかった現実③
夜中の3時に電気が切れたせいもあったのでしょう。「開店すらしないスーパーコンビニ」が続出。慌てて買い物に走る先がなく、あったとしてもすでに商品がない、あるいは大行列でお一人様何品までの制限付き。

 

最悪の状況を想定すると際限ないかもしれません。

ですが丸1日の停電だけでもかなりの不便を強いられます。

準備をしておくに越したことはないですね。




停電時にあったらよかったもの

今回我が家は停電のみの被害でした。断水はしていません。

ただオール電化住宅の為、コンロのような熱源がありませんでした。

今回は長時間に及ぶ停電への対策としてあったらよかったものをピックアップしていきたいと思います。

モバイルバッテリー

スマートフォンの充電用モバイルバッテリー。

今回の停電でうちでは単三電池4本入りの充電器を兄から借りて使用しました。

しかし電池式は遅いしすぐ電池なくなるし

ということでモバイルバッテリーのレビューを見てみました。

神アイテムでした。停電中でもツムツムやれちゃいますね。しませんけど。

2人分なので大容量で、かつアンペアの高い充電速度が速い物がいいようです。

光源

うちは2晩を、自転車用のちっさい100均のライトをコップに立ててしのぎました。

ローソクの方がまだよかった説。

ラジオ付きとか光量調整機能付きとかいろいろあります。

最大の明るさにも種類があります。

使う部屋の広さに合わせて決めましょう。

情報源

ラジオ。または雑誌。

今はスマートフォンで情報は十分取れます。

ただ、情報の正確性という部分ではやはり公共の放送が一番ですね。

災害時はデマが広がりやすく、デマと解っていても振り回されてしまう現実があります。

あとはとにかくですね、することないんですよ!

「テレビ見れないからDVD借りに行くか」は停電40時間中1番の名言でした。




普段使わないけど、あった方がいいアイテムとしては最低限上の3つは必須だと思います。

ティッシュやお米など普段の生活で使うものを、「少し多めにストックする」というのも大切な習慣だと思いました。

僕はティッシュやトイレットペーパーが少ない状態が嫌いなので、多めに買う習慣がありましたので、その辺は継続したいと思います。

断水用

お水。今回は断水はしませんでしたが、夜10時とか微妙な時間にライフラインが寸断された場合、何にもなかったら追い込まれ具合はハンパなかったと思います。

飲み水、給水所が設置されるまでのトイレ水、ヌッコの飲み水、などなど水の出番は無限に存在します。

 

終わりに

今回の地震で本当にいろいろと学びました。

生活における電気のウエイトがかなり高い事

物に溢れる社会とはいえ、仕組み(物流)が崩れると途端に不足すること

災害時に「なんでお店やってねぇんだ!」っていうお花畑脳を改革する必要があること

 

「日常」がストップしたその瞬間から、生き方・考え方を切り替えないとマジで置いてかれます。

食べ物を探すために走り回る。

給水所の情報を仕入れる。

電源を提供してくれる場所を確認する。

近くの店の再開日・開店時間・閉店時間を総チェック。

 

上の情報は行政のホームページに情報が載らない限り、正確な情報は自分で見に行くしかありません。

機動力の意味では自転車があったらもっと広範囲で動けたかもしれないです。