【Excel】名前を付けて保存をワンタッチでやる方法【ショートカット】

こんにちは。

エクセル勉強中のトカチです。

今回はエクセルの保存方法についてです。

エクセルの保存は2種類

エクセルの保存の種類は2種類あります。

一つ目は上書き保存。Ctrl+「S」

もともと存在しているファイルを更新する保存です。

もう一つは名前を付けて保存。F12

新規作成したファイルはほとんどの場合初期設定の「Book1」というファイル名がついています。

新しく名前をつけて保存する場合はに使うのが「名前を付けて保存です」

上書き保存はCtrl+「S」

上書き保存をする場合は

Ctrlキーを押しながら「S」キーを押します。

Windowsで使えるアプリのほとんどが

Ctrl+Sで上書き保存できます。

超使えますので覚えておきましょう。

名前を付けて保存は「F12」

一方で新しくファイル名を付ける場合は

F12キーのみでOKです。

会社で名前がついたファイルを配布され、

更新して送り返すときにも有用です。

上書きではなくファイル名を更新しなければならないときも

F12を押すと、新しいファイル名を付けられます。