BMI(体形指数)が18.5、19、20、21、22、23、24の人向け、生活習慣改善案

BMIが18.5~25の人は普通体重と定義されています。身長に対して体重が多くもなく少なくもない、ちょうどよい体重であるということです。

BMIが普通体重のゾーンにいる人はいくつかのパターンに分類することができます。

ねこさん
自分はどのパターンかな~

普通体重の人大きく4パターンに分けられる

運動せず食べ過ぎることもなく普通に生活してた

今まで自分の体形について気にしたことが無いという人結構多いんです。なぜなら周りから「太ってるね」とも「やせてるね」とも言われない体形のまま生きてくると、自分の美意識が体形にはフォーカスされないからです。

僕もこのパターンでして、筋トレしようとか食事気をつけようとか「目標を立てる」ことはあっても継続して実践することはありませんでした。177センチの身長に対して体重が71~75キロを行ったり来たりする感じで推移してきましたので、BMIでいうところの22~24を行き来してる感じです。標準~肥満寄りの標準ですね。

身長が高いと自動的に横幅に補正がかかって、体重よりも痩せて見られるのもあるかもしれません。

小学校低学年の頃はおデブ君だったので、兄弟や友達からそこそこイジられていました。中学に入って身長が伸びましたが体重は増えず、普通の体形になりました。それから自分の体形は「普通なんだろうな」ぐらいで気にしたことはほとんどありません。

運動量を増やせば引き締まる

フクロー先生
せっかくなので1年ぐらい継続して筋トレしてみようかしら

この2点さえあれば自宅で十分筋トレできます。あわせて3,000円しないので意志が弱くても大丈夫。何度でもチャレンジできます。僕の兄が実証済みです。毎月のように「筋トレ始めるわ」と言っていた兄貴。そして3日続かない兄貴。今では素敵な三段腹です。

たくさん食べてたくさん動いていた

理想的な体重キープ状態だと思います。

言うことはありません。むしろ目指したいぐらいです。

強いて言うなら師匠になってほしい

自分が肥満だと思っていたら標準にいて安心した

念のため確認ですが、一番体重が軽い時の値とかではないですよね!?最近の平均体重で数値計算しないと意味ないですよ。

さて、自分を肥満だと感じる人の多くは、お腹や二の腕などの脂肪が気になって「自分は太っている」と認識しています。人一倍美意識高い系なんです。そして実はこのパターンの人が実は最も体質改善に向いています。

美意識が高い、自分の体形の事を気にしている、これはすでにモチベーションが高い状態です。あとはもう「忍耐力」勝負です。先ほど紹介した「普通に生きてきたらこの体系だった」人たちは、自分の体形に興味がありません。頑張らなくても維持できてしまっていたから。そしてその体形に満足しているから。

肥満だと思っていた自分が標準体形側の人間だったと安心したあなた、今チャンスタイムかもしれません。始めるのは何でもいいです。ウォーキング、筋トレ、ストレッチ、とにかく身体を動かす系で何か始めてください。

ただし、急に激しいのに取り組むのはオススメしません。挫折しますから。「俺はそんなヤワじゃない!」とかいう変なプライドはいりません。まずは散歩しましょ散歩(´ー`) 大股歩きで30分歩いたら顔が汗でビショビショになりますよ。僕は毎朝片道40分徒歩通勤しています。マイナス気温の冬の北海道でも、大股歩きで30分たつと背中に汗かきます。油断すると風邪もひきますので気をつけましょう。


痩せていると思っていたのにショックを受けた

最後に「標準より痩せていると思ったら標準だった」と少なからずショックをうけている人もいると思います。運動したり食事を制限したりといろいろ頑張っているのに・・・という人も少なくないかもしれません。

そんな方へ、僕がBMI痩せ形の人向けに書いた記事があります。ちょっと読んでみてください。「目指すの微妙・・・」と思ってもらえると思います。
BMI(体形指数)18.5以下は痩せすぎ注意報。

いかがでしたか。体重を落としたところで明るい未来がない事が解っていただけたと思います。

僕は嫁さんから「体重おとしたーい」という話をされることが多いのですが、そのたびにこう返しています。

イケメンだけど不愛想な男(やせているけど不健康と言いたい)」と「ブサイクだけど笑顔めっちゃ素敵な男(太っているけど健康的といいたい)」どっちがいい?!

 

答えは聞かないでください(イケメン許さねぇかんな)

 

話がそれてしまいました。

結局どうしたらいいかというと、今の体重キープで筋肉つけるがいいですね。BMI22が標準値とされていて、健康的な痩せ体形と言われるのがBMI20だそうです。(かつてのシンデレラ体重はBMI20でした。いつから18まで落ちたんだ)身長160センチに対しては体重52~53キロですね。もしかしたらすでにその体重より低くなっている人もいるかもしれません。

STOP!それ以上落とさなくてよろし!落としてもどうせ増やせと言われるなら、落とさずに体質改善の道へ進めばいいんじゃないかな!

ということです。

この場合は脂肪の燃焼を促す有酸素運動ではなく、筋肉をつける筋トレと可動域を増やすヨガ・ストレッチがオススメです。



終わりに

体形の指標は体重だけではありません。体脂肪率はもちろん、筋肉量、骨密度、内臓脂肪といった様々な要素があります。体脂肪率や筋肉量は家で計測できる時代です。スマホと連動させて運動の成果を確認することもできます。(便利!)

アップダウンしやすいのはやはり体脂肪率です。男性は15~20%、女性は20%~25%が体脂肪率の標準値です。バキバキに鍛えている人は「体脂肪率1桁!」とか言うのもいますけど、アレはアレ。専門の知識のもとでやっていることです。彼らに任せましょう。体脂肪率低すぎると脳が身体に異変が発生したと勘違いして、体調がおかしくなることもあります。気をつけましょう。

 

ねこさん
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m