【映画レビュー】スカイスクレイパー ★★★★☆(星4つ!)

エンタメ

こんにちは、映画大好きトカチです。

今回はアマゾンプライムで無料で見られる【スカイスクレイパー】のレビューです。

 

あらすじと見どころ、若干のネタバレ、トカチ的感想(ネタバレ強め)の順番で紹介してきます。




【スカイスクレイパー】のあらすじ

映画の舞台は、現代の香港。

高さ1000m、地上240階の超高層ビル「ザ・パール」が舞台です。

日本の最高層「あべのハルカス」で300mの60階です。
およそ3倍ですね!高い!w

 

主人公の「ウィル・ソーヤ」は「ザ・パール」のセキュリティシステムを管理するお仕事。

妻と二人の子供と一緒に「ザ・パール」の98階で生活しています。

 

「ザ・パール」は商業施設などが入った下半分はオープンしていました。

しかし、居住区などを含む上半分はオープン前。

最後のウィル・ソーヤによるセキュリティシステムのチェックを終え、無事オープンが決まります。

ビルのオーナー「ジャオ・ロン」からセキュリティ管理用のタブレットを託されます。

 

このタブレットを使えば、ドアの開け閉めから、消火設備の点検、その他さまざまな操作が遠隔操作で行えます。
セキュリティ管理者にとっては必需品ともいえるアイテムです。

 

しかし、「ザ・パール」を狙うテロリスト集団が現れ、なんとそのタブレットが奪われてしまいます。

 

セキュリティ用のタブレットを奪ったテロリストは、240階ある「ザ・パール」の94階に火を放ちます。

さらにタブレットを使って消火設備をシャットダウン。

「ザ・パール」はものすごい勢いで炎に包まれていきます。

 

火災にまきこまれ、逃げまどう主人公一家。

火の手が上がったとき、ウィル・ソーヤはまだビルの外。

逃げ場を失った家族を救うため、炎に包まれた「ザ・パール」へと飛び込んでいくのです・・・




【スカイスクレイパー】の見どころ

舞台がたかーい!

この映画の舞台は1000mの超高層ビル。

お察しいただけると思いますが、高所恐怖症の方には手汗ドバドバの映画となります( ゚Д゚)

 

映画全体を通して言えることは、とにかく高さが強調される演出が多い!w

序盤のウィル・ソーヤがビルに乗り込むシーンでは、基本的に視点が上からの撮影です。

高いところが苦手な人には、若干つらい時間が続くかもしれません。

(中盤からはそうでもなくなりますよ)

主人公強すぎ!

さらにはウィル・ソーヤさん、かつてFBIに所属しており、テロ対策班のメンバーでした。

身体能力と戦闘能力の両方を持ち合わせた超人さんです。
(しかし、最後に担当した事件で爆発に巻き込まれ、左足を失っています)

 

それでも戦闘シーンは、片足がないことを感じさせません。

ど派手なアクションが随所に繰り広げられるので、見ごたえがあります。

3つのストーリーがつながったときのスピード感!

迫る火の手から逃げる主人公一家、

家族を救うためにビルに飛び込むウィル・ソーヤ。

テロリストに追われるビルのオーナー。

 

映画中盤まではこの3つのストーリーを、それぞれ展開していきます。

そして映画終盤で3本のストーリーがつながり、クライマックスを迎えていきます。

 

ここから先はネタバレを含みつつ感想です。

見たい!と思った方はここまで(´ー`)

AmazonPrime




【スカイスクレイパー】レビュー【ネタバレ弱】

高層ビル映画のわりに・・・

繰り返しになりますが、この映画の舞台は「超高層ビル」

しかし、高層ビル映画にありがちな、転落シーンはほとんどありません。

 

主人公のウィル・ソーヤは何度となく落ちそうになりますけどね!w

テロリスト「軍団」?

この映画を見終えたとき、「テロリスト」の存在がややボンヤリだったと思いました。

「ザ・パール」を襲うテロリストは2つの部隊に分かれて登場します。

ビル本体を襲う部隊と、2キロ離れた通称「管理棟」を狙う部隊です。

 

部隊のリーダーにはしっかりスポットが当たります。

一方雑魚キャラは、名前を呼ばれるシーンすらありませんでした。

ここまで敵役のキャラを絞り込んだ映画は珍しいと思います。

 

ビルを襲った側のグループは、いつの間にか全滅してましたからねw

【スカイスクレイパー】感想【ネタバレ強】

アクション映画を数多くみていると、

「アクション凄かったけど、なんで戦ってるん?!」

と、大事なストーリーがよくわからないこともあります。

 

というわけで【スカイスクレイパー】の本質、

なぜ、テロリストは「ザ・パール」を狙ったのかについてまとめたいと思います。

「ザ・パール」はなぜ襲われた?恨みの理由とは?

この映画の本線は「火災から逃げること」

ではそもそも、なぜ「ザ・パール」は火に包まれることになったのか?

そしてテロリストが火をつけた理由はなんなのか?

本編でも語られてはいますが、あまりにもサックリとシーンが終わるので改めて解説しておきたいと思います。

「ザ・パール」は建設を前に、脅しを受けていた過去がありました。

「いやがらせを受けたくなかったら、金を払え」というやつです。

「ザ・パール」のオーナーは言う通りにお金を払いました。

しかし!

その際に「お金の行き先を追跡する罠」をしかけました。

 

テロリストの親玉の口座を知ることで、弱みを握ろうとしたんですね。
カッコイイ。

 

こうして悪い人たちの口座情報を入手したオーナー。

しかしこれが理由となって、完成間近だったビルに火をつけられてしまうんですね。

さらには口座情報が入った端末を巡って、命を狙われ、映画の主人公一家も巻き込まれる事態となるわけです。

 

こう見ると主人公は完全にとばっちりです。

しかし家族が巻き込まれた以上、全力で悪を退治しにいく姿がかっこいい!ってことですね。

 

終わりに

スカイスクレイパーの評価は、評論家の間では「ふつう」だそうです。

基本的には辛口評価が下されるので、「ふつう」はいい方だと思っていいです。

エンドロール混みで100分ほどなので、長さもちょうどいい感じ。

 

ちょっとお暇な時間ができて、スカっとする映画が見たい!という方にオススメですね!

AmazonPrimeは30日間無料